こんにちは、小野尾です。

今では自信を持てるようになりましたが、脱サラして2年間浪人生活をして、30歳で公認会計士になれたのに、自信が持てなかったんです・・・

貯金を取り崩しながら生活をし、友達付き合いもやめ、毎日12時間以上も勉強するという辛さを乗り切ったのに。

では、どうして私が自信を持てるようになったのか?

それを説明します。

そもそも私は基本的に減点主義で自分のことを見ていました。できたことではなく、できていないところを気にしてました。

テストで80点を取ったとしても、20点取れなかったと思い、95点だったとしても、5点ミスしたと思っていました。

しかも、100点満点はイヤだったんですよね。なんか完璧すぎて人間味がないみたいで・・・^^;

95点から98点くらいがちょうどよかったです(笑)

その当時は自信があるとかないとかを考えてなかったのですが、後から振り返ると自信が全くなかったといえますね。

でも、できたことに意識を向けるようにして、それを続けてきたことで自分に自信が持てるようになりました。

きっかけは会社を辞めて一人暮らしをはじめたことです。

当時は独身寮に住んでいたので、会社を辞める以上、独身寮を出なくてはいけません。

それまでは人任せか、誰かのマネばかりしてたので、誰にも頼らず一人で生活できるか、そもそも生活を始められるかどうかなど、不安でいっぱいでした。

でも、やらなくてはいけませんので、引っ越し先を決めることから初めて引越作業、役所への届け出、収納や家具の調達などをやりました。

この経験のおかげで「俺はやればできるんだ」という、ちょっとした自信が芽生えました。

さらに、その後、公認会計士の試験勉強がいい経験になりました。

医師、弁護士に並ぶ難関試験を突破したから、ではありません。その過程を経たことが私にとって大事なことでした。

当時の公認会計士試験は試験科目が7科目もありました。しかも理系だった私にとっては、試験科目は始めてのものばかり。

難しい試験だといわれていたので気負いもありました。

先を見たら、まだまだ知らないことがたくさんありました。まだやっていないテキストの山。。。

先ばっかり見ていたら不安になります。

そこで、私は先のことはあまり考えないようにして、今日何をしたか?今日何を学んだか?を強く意識しました。

つまり「できたことは何か?」を意識するようにしたのです。

「今日はこれとこれができた」と毎日、自分に言い聞かせ続けました。

それをやりながら、朝五時に起きて、一日十二時間を超える勉強をする日々を約二年間続けました。

前向きに頑張っていましたが、さすがにつらかったようで二回目の試験の時、三日間の試験がおわったときは放心状態でした。

「もうこんな生活をしたくない・・・」

そう思いました。

試験結果は試験が終わって二ヶ月後、合否は官報で発表されます。私はインターネットで確認することにしました。

受験番号を若い方から追って行きました。

徐々に私の番号に近づいていきます。

ついに私の番号のすぐ近くまで来て、その下に目をやったときにパッと目についたのが私の受験番号でした。

「やったー。合格したー!!」

私を覆っていた何かがふわっとなくなった感じでした。

でも、その一方で「合格しちゃった・・・」という重荷を背負った感じもありました。

二年間浪人して合格したのに、ですよ。

合格したはいいけど、また何か頑張らなくちゃ行けないという気持ちがあったんだと、今は冷静に見ています。

会計士試験に合格したことで自信を持てるようになりましたが、まだまだ本物ではなかったようです。

それからも、心にある物足りなさを埋めようと、心理カウンセラーの資格を取ったり、コーチングの勉強をしたりしました。

論語を読んだり、仏教や東洋思想を学んだりもしました。

でも、心にある物足りなさを埋めることができませんでした。

結局、何が心の物足りなさを埋めたのかというと、「できたことに意識」を向けることでした。

公認会計士試験に合格してからもそれは続けていました。日々できたことを意識するようにしていました。

それを続けたおかげで自分に自信が持てるようになりました。

ある日突然、そうなったわけではないんですが、いつからか、大丈夫なんだと思えるようになっていました。

結構時間がかかりましたが、私は人一倍「できなかったこと」を意識して生きてきたので、人一倍「できたこと」に意識を向けることが必要だったんだと思います。

 

できていることをちゃんと意識することが自信につながります。

あなたもできていることがちゃんとあります。誰もができている当たり前のことでもいいです。できたことに意識を向けてあげてください。

自分はできるんだと自信が持てるようになります。

最後にこんな質問をしたらどうですか、というのをまとめましたので、参考にしてみてください。

・今日は何ができましたか?

・今日成し遂げられたことはなんでしょうか?